希望の党の正体

 おはようございます。

 

 小池旋風が吹き荒れていますね。

安倍政権の意味不明、モリカケ疑惑隠し解散すら霞んでしまうほど、小池新党「希望の党」の風は強かったと思います。

 

 この小池新党で実利を得たのは誰か?選挙の結果が出ないと見えてこない部分もありますが、現時点の状況から分析してみましした。

 

 

 先ず、小池百合子氏。彼女はマダム回転寿司、政界の渡り鳥と揶揄されるほど、多くの政党を渡り歩いています。

日本新党→新進党→自由党→保守党→自民党→都民ファーストと、次々と政権与党の中枢部におり、時の権力者にベッタリでした。

彼女は権力欲が人一倍強いと思います。都知事を経て、次に目指すポジションは総理大臣でしょう。しかし自民党の中にいても、首相の芽は殆どありませんから、彼女は自民党を出て都知事という選択をしたのです。

 

 その小池氏は見事な戦略によって大きな力を得ました。蓮舫代表辞任、山尾議員不倫疑惑、前原氏代表就任・・と全てが小池氏に有利に動いています。そして、まさかの民進党合流。民進党の組織力、資金力をほぼ掌中に収め、そして意に沿わない民進党リベラル派は排除しました。

 

 これで小池氏が国政に転身し、希望の党が第一党にでもなれば、小池首相誕生の可能性は一気に高まります。

また、自民が票を減らし、一方の希望の党が第二党にでもなれば、自民+希望の保守連立の可能性も出てきます。その場合、自社さきがけ政権の様に、第二党の党首を首班指名する事は充分に考えられます。

 

 

 次に民進党新代表の前原氏、沈没寸前の民進党代表という立場を考えると、泥船の民進党からは早く出たかったでしょう。しかし、民進党を身売りして、自分を高く売るためには代表の座が必要だったはずです。彼は最初から民進党を売り渡すつもりだったのだと思えます。

 しかし、小池百合子氏の方が一枚上手でした。民進党のリベラル派と三役経験者は受け入れない事にしたからです。要は言う事を聞く人物だけ受け入れるという事です。 

 

 

 さて、安倍晋三氏。彼は本当に「希望の党」結成、民進党合流というストーリーを読めていなかったのでしょうか。

官邸の諜報力からすれば、それくらい知っていたのではないでしょうか。それでも敢えて解散を打った。

 もちろん、森友・加計学園問題からの目くらましが必要だったのは分かりますが、大義なき解散、巨大新党の誕生・・となれば、自民党が大幅に議席を減らすのは必至です。

 それでも敢えて解散を打ったのは、うがちすぎかもしれませんが・・希望の党との連立も視野に入れていたのではないでしょうか。

 

 希望の党は保守です。安保法制賛成、改憲賛成です。第二自民党とも呼ばれる党です。

自民党と希望の党の連立はそれほど違和感のある事ではありません。かつて、自民と社会が連立した時代もありました。

その後敵対しあっていた自民と公明が連立しました。

公明党にしてみれば、党是や支持母体創価学会の方針からすれば改憲は認めがたい事です。

自民党もそこが分かっているから思うように改憲案をまとめられないのです。

 

 希望の党は改憲を方針としています。自民党としては最も組みやすい相手です。希望の党が主張する「消費税凍結」も渡りに船です。消費税10%増税をすれば日本経済は持ちません。国民の不満は一気に爆発し、安倍政権は今度こそ持ちません。それが分かるから安倍政権は増税をしたくないのです。その国民の不満を逸らすために「教育の無償化」に消費増税を充てるとしているのです。

 「消費税凍結」を主張する希望の党と連立すれば、消費増税再凍結の大義名分が成り立ちます。

 

 希望の党が一定の勢力を確保すると、いよいよ日本は大翼賛政治という事態に突入します。リベラル勢力が弱体化し、極右が台頭するかもしれません。小池百合子氏はかつて、核武装容認発言をしています。先行きに不安を感じざるを得ません。

 

 

 とは言っても良い事もあります。保守とリベラルが混在する民進党が実質的に解党となります。民進のリベラル派が新党を結成する動きもあります。リベラルはリベラルでまとまれば良いのです。

 

 保守とリベラルによる健全なせめぎあいが民主政治のあるべき姿だと思います。

 

 これから政局がどう動くか分かりませんが、大きく変わるのは間違いないでしょう。それが良い方向に変わるよう願わざるを得ません。政局から目が離せませんね。

 

コメント

消費増税については、
ー民進党新代表前原誠司氏のブレーン井手栄策氏に聞く:無尽灯(清原晃氏のブログ)

ー経済政策:motto様のブログー
(先月2月朝日新聞の井手栄策へのインタビューに対する松尾匡の意見)は、併せて読むと面白かったです。

井手は、卒業生にリチャード・ファルド:リーマン・ブラザーズ現会長兼CEOが居るコロラド大学ボルダー校政治部客員研究員。
リーマン・ブラザーズは、
自爆金融テロを起こし、野村、三菱、みずほを罠に嵌めたユダ金系かっぱらい投資銀行。

  • 三毛猫
  • 2017/10/05 22:22

>三毛猫さん

コメントありがとうございます。
このブログは返信機能が無いようなので、この形で失礼します。

今回の「希望の党」の実態は、安倍政権に見切りをつけたユダ金たちが立てた刺客だと思っています。
誰だか忘れましたが、彼らの一人が「次の総理はマダム小池ね」と言ったとか。

  • HARUKI
  • 2017/10/06 09:51

「次はユリコね」は、都知事選前の孫崎享氏が聞いた事ですが、連中は「次の総理はマダム小池ね」とまでぬかしていましたか。恐ろしいですね。
にわか作りの新人候補達は、安倍政権存続の為に、野党共闘候補に対する刺客として送り込まれると思っています。
小池のすぐ傍に、共に米国務省のIVLPで教育された細川護熙とPIIEから送り込まれた竹中平蔵が、寄り添っています。
竹中平蔵に細かい指示を出しているのが、ロックフェラー系モルガンスタンレーのロバート・フェルドマンです。
衆院選挙が終わるまで、落ち着きません。

  • 三毛猫
  • 2017/10/06 19:00